[戻る]
一括表示

タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
オイルキャッチタンクについて
8196
: 2010/12/17(Fri) 23:23:52
PHASE2
http://minkara.carview.co.jp/userid/439837/car/355380/1310354/note.aspx
初めまして、いつも参考にさせていただいています。

オイルキャッチタンクについて、新たな(?)配管方法(?)
をみつけました。
私は、メカについてまったくわかりません。
この方法はどうなんでしょうか?
いままでの三又配管を否定していますが・・・。
タイトル
記事No
投稿日
投稿者
参照先
Re: オイルキャッチタンクについて
8197
: 2010/12/18(Sat) 02:16:23
とし

> 初めまして、いつも参考にさせていただいています。
>
> オイルキャッチタンクについて、新たな(?)配管方法(?)
> をみつけました。
> 私は、メカについてまったくわかりません。
> この方法はどうなんでしょうか?
> いままでの三又配管を否定していますが・・・。

こんばんは。

いろいろな考え方があるみたいなので
楽しいですね。

皆様のいろいろなテストしたり判断するのは凄く
素晴らしい事だと思います。

三叉配管が正しいのか?
全く分かりません。必要ないのかもしれません。


ただ、今重要なのは何故キャッチタンクがいるか?
ストリートでは必要ないかもしれません。

ただ、装着する喜びもあるしエンジンルームを開けて
何か違う感じがする喜びもモディファイでは大事だと思います。


ここで重要なのは・・・

キャッチタンクの重要性はオイルをインマニから吸わせないようにする為です。
ハードな走行時にエンジンから流れたオイルを吸ってしまうと白煙があがり酷い場合はエンジンにダメージを与えてしまうからです。


PCVからはかなりの量のオイルが流れるのは以前から知っています。
その為にキャッチタンクを付けたりします。
場合によっては1回の走行で満タンになってしまうとか聞いた事もありました。

ただここで忘れてならないのはオイルを吸わせない事ではなくて
オイルを出さない事なのです。
よって自分はPCVを塞いでた訳です。

たくさんのオイルが出ることは非常にエンジンにも危険ですし、それで全て解決出来ます。

さて、その状態ですとガスが多く溜まってしまって逃げ道が無くなってしまいます。
よって塞ぐことによってブローバイ経路がPCV使用時とは変わってきますのでガスを流すのにも重要ですが、オイルもその為にブローバイから流れやすくなってしまうのでキャッチタンクの重要性が生まれる訳です。


もう一つの重要性はオイルパンとかの偏り防止をすると
オイル上がりも少なくなります。
多分キャッチタンクの前にオイルパンの装備がオイルを余分に流さない為にも重要です。
ラジエター交換して油温を下げる、可能ならばオイルクーラー装備して油温を下げる。

また不完全燃焼も余分なガスを生み出すので完全燃焼なるべく出来るようにECUの書き換えなんかもいろいろモディファイした車には
必要かもしれません。

最終的には自分は三叉配管を選びましたが、PCVからのガスが多く出ている事を確認した上でエンジンをより気持ちよく回すために配管しましたが、オイルがたくさん出るようなら止めようと思いました。

ただ想像以上に自分の車は余分なオイルもPCV配管後のサーキットで出てない事を確認しましたのでそのまま三叉で少しでもガスを抜くようにしています。

まとめますと

1.ビジュアル重視でクスコ配管
2.PCVは塞いで余計なオイルを出さないようにクスコ配管
3.極力エンジンのオイル上がりをしないように改善して
三叉配管
4.極力エンジンのオイル上がりをしないように改善して
キャッチタンクを二つ装備

大事なのはオイルを溜める事でなくてオイルをエンジンに吸わせない事です。
そしてエンジンが軽く回るように極力ガスを抜いてあげることだと
自分は思っています。

- WebForum -